かんたん操作で
ニュースをチェック!
ダウンロード

ニュースパス

【経験あり?】PCが急に遅くなった!は、事前の設定で回避せよ

パソコンの動きが急に遅くなる原因として、多いのが「Windows Update」用のファイルがダウンロードされているというもの。「アクティブ時間」の設定をして、アクティブ時間中はインストールが実行されないように設定しておこう。

パソコンが急に遅くなる前に、「アクティブ時間」を設定しよう

●「アクティブ時間」を設定して不意の更新作業を防ぐ

パソコンの動きが急に遅くなる原因は、バックグラウンドで何か処理が行われていることが多い。多い例としては「Windows Update」用のファイルがダウンロードされているというもの。「Windows Update」のファイルダウンロードは、通常、いつ行われるか設定できないので、Wi-Fiやインター
ネット回線の環境を強化することで、ダウンロードが速く済むようにする手はある。

[ 関連記事を読む - Windows10 ]

ダウンロード自体は止められないとしても、「Windows Update」で動作が遅くなったり、再起動で作業が中断されたりするのは避けたい。これには「アクティブ時間」の設定が有効だ。アクティブ時間中はインストールが実行されないので、集中したい時間帯を設定しておけばいい。

画像1: 【パソコンが急に遅くなる】原因の1つにWindows Updateが関係!対策は「アクティブ時間の設定」

❶「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」→「アクティブ時間の設定」を開く。

画像2: 【パソコンが急に遅くなる】原因の1つにWindows Updateが関係!対策は「アクティブ時間の設定」

❷開始時間と終了時間を最大18時間で設定する。この間はUpdateに伴う再起動は発生しない。

解説/福多利夫(フリーライター)

外部サイト

ニュースパスアイコン ニュースパスアイコン

フリーワード設定で最新ニュースを素早くチェック! 気になる話題に誰よりも詳しくなれる! 注目キーワードで「知りたい今」をキャッチ!
フォロー機能
フリーワード設定で
最新ニュースを素早くチェック!
検索機能
気になる話題に
誰よりも詳しくなれる!
急上昇ワード
注目キーワードで
「知りたい今」をキャッチ!