かんたん操作で
ニュースをチェック!
ダウンロード

ニュースパス

ウレぴあ総研

これじゃ将来、ゴミ屋敷!「片付けができる子」になる簡単解決策

立石 美津子
12/7(土) 10:30

何度、注意しても遊んだ玩具を出しっぱなし、出すだけ出して片付けられない…こんな状態を見て「もしかして、将来、汚部屋女子、ゴミ屋敷の主になってしまうのではないか」と心配になってきませんか。

毎日毎日、年中無休で「玩具を片づけなさい!」と叱っても、散らかったままの部屋。どうして、片付けができないのでしょう。

今日はその原因と対策について『1人でできる子になる 「テキトー母さん流」 子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話します。

お片付けできない原因あれこれ

1.どうやって片づけたらよいのか、子ども自身がわかっていない

  • 「ちゃんと片づけなさい!」
  • 「きちんとしなさい!」
  • 「きれいに片付けなさい!」
  • 「整理整頓しなさい!」

上記の大人から指示命令、私達大人には理解できますが、残念ながら子どもには「具体的に何をどうすればよいのか」伝わっていないのです。

でも、よく考えてみれば…玩具を出して積み木を重ねたり、電車を並べたりすることができるのですから、元あった場所にきちんと戻すことも出来るはず。どこに何を入れたらいいのかわからないので混乱しているだけなのかもしれません。

実は片付けと言うのは“元あった指定席に戻す“という実にシンプルなこと。これさえできていれば大丈夫なのです。

(解決策)

整理整頓されている状態を写真に撮っておいて「これと同じようにしてみて」と言ってみましょう。

さて、レゴの赤いバケツという商品。買い物客にわかりやすいように、中に入っている物が写真で貼ってあります。

これを買ったとき子の入れ物をそのまま使う人も多いと思います。子どもを観察していると、1歳児でも2歳児でもレゴをこの入れ物に入れて片付けしています。なぜ、これが出来るのかというと“入れるべきもの”が写真で貼ってあるからです。

これをすべての玩具に応用してみましょう。入れてほしいものを指定席として写真で貼っておくのです。

一気に片付けらえるとマットやタオルケットをしいて、巾着のようにまとめて片付けている人もいますが、これですと、どこになにがあるかゴチャゴチャになってしまいますので、あまりお薦めできません。

2.遊び足りない

遊びの佳境にはいっている最中に「おしまいにしなさい!」と言われるのは嫌なものです。

大人だって連続ドラマを見ている最中、ブチッと電源をOFFされたり、「続きはまた来週をお楽しみに~」とテレビから言われたりすると「せっかく楽しんでいたのに」となってしまい嫌ですよね。

よく観察して「そろそろ飽きてきているかな」と感じたチャンス、“グットタイミング”を逃さないようにしましょう。

子どもが「まだ遊びたい」と言ったときは、「あと5分遊ぶ?」「10分遊ぶ?」とか「電車をもう1回並べたら終わりにする?もう、2回並べたら終わりにする?」と選択肢を与えましょう。

親から強制的に言われるより、自ら選んだことは素直に従いますよ。

また、遊び足りないことのないように遊び始める時間をもう少し、早く設定し「○時まで遊びの時間よ」と事前に伝えておきましょう。

3.罰を与える言いかたをしている

せっかく楽しんで遊んでいる最後にいつもこんな風に言われたらどうでしょう。

  • 「いつまでもそうやって遊んでいて玩具を片づけられないのだったら、これからはもう二度と買ってあげないからね!」
  • 「片づけない玩具は捨てちゃうからね!」
  • 「遊びを止めないんだったら、夕飯の後のプリンは今日はないからね!」

同じことを言うのも次のように言い換えてみましょう。

  • 「玩具をきちんと片づけられるんだったら、今度のクリスマスに新しい玩具をまた買ってもらえるかもしれないね」
  • 「散らかしているとゴミと勘違いされて捨てられてしまうかも。片付けよう」
  • 「早く片付けでご飯にしよう。美味しいプリンも待っているよ」

ゲーム化してしまおう

  • 「よーいドン」でママと子どもとどっちが早く、たくさん片付けられるか競争する
  • 砂時計やタイマーで「ピッピッと鳴るまでに片付けを終わらせよう」と言う。(時間と競争する感じ)
  • テンポ・リズムのある曲をかけて「この曲が終わるまでに元あった場所に全部戻そう」という。小学校で給食時間や掃除時間に決まった曲を放送して「この間に食べ終えよう」「今は掃除の時間ですよ」と教えているのと同じ方法です
  • 玩具達のおうちと片付けコーナーを命名し、「おうちに戻してくれてありがとう」電車やミニカーは「車庫に戻してくれてthank you!」など玩具達のメッセージを貼っておきましょう
  • お片付け表を作り、毎日片づけられたらご褒美シールを貼る

ただし、片づけたら豪華な景品を上げるのではなく花丸やシール止まりにすることがポイントです。豪華な餌で釣ってやらせると、それがないとやらない悪習慣がついてしまうからです。

良い手本を示そう

玩具を出すときは箱ごとザザーッと出せば済むことなので比較的簡単なことです。

でも、片付けは子どもでも「もう、楽しい遊びを終えなくてはならない」とか「いちいち元あった場所にしまうのは面倒くさい」と思っています。大人だってそうですよね。

でも、その辺にポーンと入れてしまうと今度それを探すのに手間がかかったり、なくなってしまったりします。一つ一つの指定席に戻すことで探しやすくなり、紛失することもありません。

こんな幼い頃からの習慣で将来、片づけられる人に育っていきますよ。

親も使ったハサミやホッチキス、手紙類をその辺に仮置きするのではなく、その都度、元あった指定席に戻す良いお手本を子どもに見せるようにしましょう。

(ハピママ*)

外部サイト

ニュースパスアイコン ニュースパスアイコン

フリーワード設定で最新ニュースを素早くチェック! 気になる話題に誰よりも詳しくなれる! 注目キーワードで「知りたい今」をキャッチ!
フォロー機能
フリーワード設定で
最新ニュースを素早くチェック!
検索機能
気になる話題に
誰よりも詳しくなれる!
急上昇ワード
注目キーワードで
「知りたい今」をキャッチ!