かんたん操作で
ニュースをチェック!
ダウンロード

ニュースパス

GMOペパボ、クラウドホスティング環境を簡単に構築できる「マネージドクラウド」プランのオープンβ版

 GMOペパボ株式会社は30日、レンタルサーバー「ロリポップ!」において、クラウドホスティング環境を簡単に構築でき、柔軟にリソースの増減ができる「マネージドクラウド」プランのオープンβ版の提供を開始した。

 「マネージドクラウド」プランは、マネージド型であるレンタルサーバー(共用サーバー)の運用の手軽さと、VPSやクラウドのような拡張性・自由度の高さを備えた新サービス。コンテナ型仮想化技術の採用により、ユーザーごとに独立したサーバー環境上でウェブアプリケーションを動作させられるため、可用性が高く、コンテナ数の増減でリソースを柔軟に管理できる。

 「マネージドクラウド」プランのオープンβ版は、無料で利用が可能。提供期間は2017年11月30日から正式版リリース(2018年1月末予定)まで。ユーザーは、実際にコントロールパネルからアプリケーションや開発環境をインストールして、ウェブアプリケーションを公開できる。

 また、オープンβ版では、クローズドα版の提供を通じて寄せられた意見や要望を生かし、ダッシュボード機能の改善や作成できるアプリケーションの追加などを実施。α版では不安定だった一部のバックエンドのシステム改修も行い、より安定した環境での提供が可能になったとしている。

 GMOペパボでは、研究開発組織「ペパボ研究所」と、国立大学法人九州大学 情報基盤研究開発センターの共同研究開発チームが現在行っている共同研究開発の成果を、「マネージドクラウド」プランへ導入する予定としている。

 共同研究では、大規模インフラ上に「マネージドクラウド」のようなコンテナ型クラウドホスティング環境を構築し、高負荷下での実証実験を行っており、高負荷状況でもよりスムーズなコンテナの起動や終了を高速に行える環境の実現を目指すと説明。これにより、従来は手動でシステムの再起動が必要だったセキュリティ更新や基盤ソフトウェアの入れ替え、高負荷時のリソース拡大やインフラの増強・移行などを、自動的に行えるようになるとしている。

 また、今後「マネージドクラウド」プランのオープンβ版では、数項目の情報を入れるだけで、WordPressのインストールが完了する簡単インストール機能の追加を予定しているほか、正式版では無料のサーバー証明書の導入や利用可能なアプリケーションの拡充など、利便性を高める機能の追加を予定するとしている。

外部サイト

ニュースパスアイコン ニュースパスアイコン

フリーワード設定で最新ニュースを素早くチェック! 気になる話題に誰よりも詳しくなれる! 注目キーワードで「知りたい今」をキャッチ!
フォロー機能
フリーワード設定で
最新ニュースを素早くチェック!
検索機能
気になる話題に
誰よりも詳しくなれる!
急上昇ワード
注目キーワードで
「知りたい今」をキャッチ!