かんたん操作で
ニュースをチェック!
ダウンロード

ニュースパス

小学校プログラミング必修化の知られざる意義

スマホに慣れた昨今の子どもたち。そんな子どもたちの可能性をプログラミングの授業は広げてゆくのでしょうか。石田勝紀さん(左)と小宮山利恵子にお話を聞きました(撮影:尾形文繁)

来年2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されます。なぜプログラミングなのか?そもそも実施されること自体知らない親子が多いかもしれません。

いったいその内容と可能性とは?『新時代の学び戦略 AI、スマホ・ゲーム世代の才能を育てる』を著したリクルート次世代教育研究院院長の小宮山利恵子さんと、東洋経済オンラインの連載でもおなじみの一般社団法人教育デザインラボ代表理事の石田勝紀さんが語り合います。

プログラミング教育がなぜ必要?

――来年から小学校でプログラミング教育が必修化されますが、よくわからず不安を感じている親や、そのことさえ知らない親も少なくありません。英語などと違い、要不要が世論でさほど盛り上がっていない段階で、早々に必修化が決まった印象もあります。それだけ実は重要ということなのかもしれないと思いますが、プログラミングを学ぶ必要性や意義を、いったいどう考えたらいいでしょうか。

石田:前提としてあるのは、プログラミング教育に対して偏ったイメージを持っている人が多いことですね。私が全国各地で開催している保護者対象の勉強会やセミナーの参加者にも、プログラミング言語を使ったコーディング(記述)を学ぶことだと思っている親御さんが結構いるのですが、実はそうじゃないんですよね。

1つはコンピューターを積極的に活用する力、もう1つは「プログラミング的思考」という名の課題解決能力、この2つの力を育むことが、小学校で必修化されるプログラミング教育の最大の目的のようです。

小宮山:プログラミング的思考についてもう少し具体的に言いますと、何かを作りたいときに、自分が持っている知識や技術をどういうふうに使って、どういう順序で組み立てていけばいいか、自分で論理的に考える力のことです。その作業には失敗がつきもので、作っては失敗して直して、また作っては失敗して直して、という試行錯誤を繰り返すことが求められます。子どもの成長過程において、そのように失敗が許され認められる経験は、非常に大切なんですよね。

一方、今までの日本の義務教育はむしろ逆で、正解は1つという前提で進められてきた授業が多かったと思います。間違うことが恥ずかしくて手を挙げにくい雰囲気がありました。それは高度経済成長期の、早く正確な情報処理力が重視されていた時代では理にかなった方法だったかもしれません。でも今は、自分で必要な情報を入手して、組み合わせて、アウトプットする情報編集力が求められるようになりました。「正解」も多種多様です。つまり、正解が1つという考え方自体、今の社会に合わなくなってきているのです。

そもそも「勉強」という言葉自体が“勉めを強いる”という意味で、詰め込み型教育を象徴する強制的なニュアンスがありますから。けれども本来、知らなかったことを知って理解するのは、ワクワクする楽しいことであるはずです。それが本当の意味での「学び」だと私は思うのです。

――中学受験塾に通う子どもがいる友人も言っていました。子どもがテストで間違えた問題の答えを、消しゴムで消して隠そうとしてショックを受けたと。間違ったらその理由を考えればいいわけですが、子どもは間違いを否定されて叱られることがとにかく嫌なんですよね。そのまま大人になっている人も少なくないかもしれません。

失敗を繰り返しながら、思考力を養う

石田:小宮山さんはもともと、プログラミング教育は料理を作るのと同じだとおっしゃっていますよね。間違いや失敗を繰り返さないと、おいしい料理が作れないように、プログラミングも失敗を繰り返しながら結果にたどりつくことに意味があると。

小宮山利恵子(こみやま りえこ)/リクルート次世代教育研究院院長、国立大学法人東京学芸大学客員准教授。1977年東京都生まれ。早稲田大学大学院修了。国会議員秘書、ベネッセなどを経て「スタディサプリ」を展開する株式会社リクルートマーケティングパートナーズにて2015年12月より現職。超党派国会議員連盟「教育におけるICT利活用促進をめざす議員連盟」有識者アドバイザー。教育新聞特任解説委員。超教育協会上席研究員。アメリカ国務省招聘プログラムInternational Visitor Leadership Program("Education in the Digital Age"、2018年)、フィンランド外務省教育省招聘プログラム(2017年)参加。全国の学校などで情報リテラシーや未来の教育について多数講演。教育関連で視察した国・都市は19カ国、41都市にのぼる(撮影:尾形文繁)

小宮山:そうですね。どんな材料を用意して、どういう火加減で、どう調理すれば、自分が作りたい料理を完成させることができるのか。微調整ややり直しを繰り返しながら、誰に叱られもせず否定もされずに作り上げる料理は、プログラミングと同じだと私は思っています。自分自身でどのようにしたらうまくいくかを考える過程で、批判的思考力も身につきます。

石田:今までの小学校教育で、それに該当する授業があっただろうか?と考えると、創意工夫という点では図画工作で自由に作品を作ることはあったかもしれない。でも、試行錯誤する力や課題解決する力を育むという意味での授業は、まったくと言っていいほどなかったのではないでしょうか。そういう意味で、プログラミング教育の必修化というのは、日本の教育史上、画期的な改革だと思います。ただ、各教科でどういうふうに導入するかは、具体的な内容は決まっていないんですよね。

――文科省は、“各学校の創意工夫によって、各学年、各教科で積極的に取り組むように”ということを、文書で伝えているだけです。いくつか導入例は紹介されているようですが……。

小宮山:ですから、ITに詳しい先生がいるかいないか、ICT教育に積極的な学校かそうじゃないかで、プログラミング教育のレベルにかなりバラツキが出るのではないかと言われています。そうならないためには、支援員を増やす必要があるのですが。

石田:プログラミングは初めてという先生も多いでしょうが、ある程度は知識がないと誰でも教えられるものではなく、必修化が始まってしばらくは混乱するかもしれませんね。算数や理科は、実際の導入例もあって比較的取り組みやすい教科だとは思いますが。

小宮山:算数の多角形を、プログラミングを使って作図させてみるとか、いくつかの指導案は公開されています。つい先日伺った鳥取県の私立・青翔開智中学・高等学校では、理科の授業でプログラミングを使ってカイワレ大根を育てていました。光の三原色や照射時間の配分をチームごとに考えさせて、自動でスイッチが入るようにプログラミングもしてもらって、どのチームのカイワレ大根がいちばんよく育つか競い合うという実験です。

石田:タブレットやパソコンを使ってやるんですか?

小宮山:その授業では、イギリスのBBCが中心となって開発した教育用の小型コンピューター「micro:bit(マイクロビット)」を使用していました。イギリスの義務教育では、5歳から14歳までにプログラミング言語を2言語マスターすることが必修になっていて、マイクロビットも11〜12歳の子どもに無償配布されているものです。

子ども向けに操作性を簡易化した教材

――プログラミング教育をすでに実施している日本の小学校では、どんな教材を使っているのでしょうか。

石田 勝紀(いしだ かつのり)/一般社団法人教育デザインラボ代表理事、公立大学法人都留文科大学国際教育学科特任教授。1968年神奈川県横浜市生まれ。20歳で起業し、学習塾を創業。3500人以上の生徒を指導し、「心を高める」「生活習慣を整える」「考えさせる」の3つを柱にして学力を引き上げる。2003年、東京の中高一貫私立学校の常務理事として大規模な経営改革を実行。横浜市教育委員会高校改革委員、文部科学省高校生留学支援金制度の座長を務め、生徒、保護者、教員を対象とした講演会、企業での研修会も多数実施。2015年から連載している東洋経済オンラインの「ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?」は累計6500万アクセスを超える。2016年からはママさん対象の子育て・教育勉強会「カフェスタイル勉強会 Mama Cafe」を主宰し、講演会、研修会、ママカフェの活動回数は年間150回を超える。国際経営学修士(MBA)、教育学修士(東京大学)、東京大学大学院教育学研究科博士課程在籍(撮影:尾形文繁)

小宮山:そう聞かれると思いまして、一例として、今実際に一部の学校などでも導入しているレゴ社の教材、『レゴⓇ WeDo 2.0』をお借りしてきました。このキットでモデルを組み立てて、ソフトウェアをタブレットにインストールしてBluetoothでハブと接続すれば、あとは画面に出てきたアイコンを動かすだけで簡単にプログラミングができる教材です。

具体的には、例えばロボットを動かす場合、画面に出てくる説明書を見ながら自分でモーター付きのレゴブロックを組み立てます。その後、画面にいくつか並んでいるアイコンから、自分がロボットを動かしたい条件に合ったものを選んで、ドラッグ&ドロップするとプログラミングが完了します。あとはモーターにセンサーを取り付けてロボットを動かしてみて、自分が思っていた動きかどうかを確認しながら調整していきます。

石田:コーディングなんてしなくても、動き方、速度、音、色といったさまざまな条件や機能を持ったアイコンをドラッグ&ドロップするだけで、自分のモデルを好きなように動かせるようになるわけですね。ゲームでいろんなアイテムを手に入れて、キャラクターをパワーアップさせていって戦うのとよく似てません?

小宮山:そうなんです。座学が苦手な子どもでも、こういう教材を使用するだけで「面白そう!」と興味関心を示す子どもは多いですね。世界的には、未就学児でもプログラミングの基本的な操作を学べる「Scratch(スクラッチ)」が人気です。自分がプログラミングして作ったゲームやアニメを海外の子どもたちとシェアして、異国間コミュニケーションもできる教材です。

『レゴⓇ WeDo 2.0』など、学校によりさまざまな教材が導入されている(機材協力:株式会社アフレル)

――ゲームやスマホに慣れている子どもたちはプログラミング教育と親和性が高いということですね。

石田:親が昭和的な古い価値観で、プログラミングのことはよくわからないから子どもにもやらせなくていい、と判断する可能性も少なくありません。でも、子どもが興味を持ったものがあれば、それに触れさせるチャンスを与えると考えるといいかもしれません。その後、やるかやらないかは、本人に決めさせればいいんです。

小宮山:プログラミングに興味を持った子どもの中には、このような簡単な仕組みの教材では物足りなくなって、自分からプログラミング言語であるJavaやC言語などを覚えて打ち込んでいく子もいます。自分でコンピューターの基板をはんだごてを用いて作りはじめる子もいます。

石田:逆にやりたくない子に無理にやらせる必要はないんですよね。日本の基礎学力の高さは世界でもトップレベルですから、今までの教育がすべて間違っているわけではないと私は思っています。ただ、テクノロジーを活用した教育が増えたことで、学び方の選択肢が増えたことは間違いないので、その中から自分の子どもに合ったものを選べばいいわけです。

――そう考えると、親も気が楽です。プログラミング教材にはロボットや乗り物を作るものが多いので、男の子には人気かもしれませんが、女の子は関心を持たない可能性もあると思いますので。

小宮山:確かにそれはありますね。やはりIT業界に女性が少ないのと同様に、プログラミング好きの子どもも男の子が大半ですから。例えば、『教育版レゴⓇ マインドストームⓇ』を使用して製作したロボットの技術を競い合う国際的コンテスト「WRO(ワールド・ロボット・オリンピアード)」も、女の子のエントリーは2割程度です 。

身につけた知識を組み立て、活用するプログラミング

石田:長年生徒を見てきて、戦いや競争が好きなのは男の子で、女の子はどちらかというと自分で作った作品を発表したり、ストーリーを作って展開するほうに興味を持つ傾向はありますね。そのあたりの工夫次第で、いくらでも女の子向けの教材はカバーリングできると思いますけれど。

『新時代の学び戦略 AI、スマホ・ゲーム時代の才能を育てる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

発売関連イベントはこちら

小宮山:以前、アメリカで行われたSXSWeduという教育のカンファレンスで、テキサス州の高校の女子生徒が、プログラミングしてデザインしたロボットでファッションショーを開いたという事例紹介もありました。世界的には、女の子のニーズに合わせたプログラミング教材の開発やコンテストの誘致を増やそうという動きが出てきていますね。

石田:プログラミング思考力が身につくと、物事がどういう仕組みでできあがっているのか、その組み立て方や構造に興味関心を持つようになると思います。「なぜ?」「どうして?」と疑問を持つことから、自発的な学びは始まりますから。今までの教育による知識の習得はあくまでも手段であって、その知識を活用するための考える力を身につけるために、プログラミングはいい学びのツールになると思います。

(後編に続く)

(樺山 美夏:ライター・エディター)

外部サイト

ニュースパスアイコン ニュースパスアイコン

フリーワード設定で最新ニュースを素早くチェック! 気になる話題に誰よりも詳しくなれる! 注目キーワードで「知りたい今」をキャッチ!
フォロー機能
フリーワード設定で
最新ニュースを素早くチェック!
検索機能
気になる話題に
誰よりも詳しくなれる!
急上昇ワード
注目キーワードで
「知りたい今」をキャッチ!